2010年01月20日

<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」(毎日新聞)

 平沼赳夫元経済産業相は17日、岡山市内で開いた政治資金パーティーのあいさつで政府の事業仕分けを批判し、仕分け人を務めた民主党の蓮舫参院議員について「元々日本人じゃない」と発言した。

 平沼氏はあいさつの中で、次世代スーパーコンピューター開発費の仕分けで蓮舫議員が「世界一になる理由があるのか。2位では駄目なのか」と質問したことは「政治家として不謹慎だ」とし、「言いたくないが、言った本人は元々日本人じゃない」と発言。「キャンペーンガールだった女性が帰化して日本の国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている。そんな政治でいいのか」と続けた。

 平沼氏はパーティー終了後の取材に対し、「差別と取ってもらうと困る。日本の科学技術立国に対し、テレビ受けするセンセーショナルな政治は駄目だということ。彼女は日本国籍を取っており人種差別ではない」と説明した。

 蓮舫議員のウェブサイトによると、蓮舫議員は67年、台湾人の父と日本人の母の間に生まれた。当時は父親が日本人の場合にしか日本国籍を取得できなかったが、改正国籍法施行後の85年に日本国籍を取得した。【石川勝義】

【関連ニュース】
平沼元経産相:新党結成の方針「参院選前に」
事業仕分け:9692億円の歳出削減 行政刷新会議で報告
10年度予算案:「仕分け」で見送りの裁判員広報費が復活
10年度予算案:「事業仕分け」節約目標に届かず
防衛省:自衛官増員を断念 「事業仕分け」受け入れ

陸山会土地取引 強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念(毎日新聞)
<お別れの会>田辺一鶴さん=2月9日、東京・亀戸で(毎日新聞)
<火災>別府でアパートや民家26棟全焼 2人が不明(毎日新聞)
菅氏vs仙谷氏 上げ潮派と財政規律派、路線対立ですきま風?(産経新聞)
立ちはだかり、つきまとい…執拗な客引き容疑で3人逮捕 東京・町田(産経新聞)
posted by 武蔵家 at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

<殺人容疑>女性刺した男逮捕 静岡・富士(毎日新聞)

 15日午後10時5分ごろ、静岡県富士市厚原、建設業、渡辺章弘さん(32)方で、「知らない男が入ってきて嫁が切られた」と、敷地内の別棟に住む渡辺さんの父親から110番があった。駆け付けた救急隊員が、玄関で血まみれになって倒れている妻久美さん(32)を発見。久美さんは病院へ運ばれたが、胸など数カ所を刺されており、間もなく死亡が確認された。県警富士署は、通報直後に同署へ「女の人を刺した」と車で出頭した同市鈴川町、無職、稲毛勝則容疑者(46)を殺人と住居侵入の疑いで逮捕した。

 同署によると、稲毛容疑者の車のトランクから包丁が見つかっており「渡辺さんの元従業員で、渡辺さんに恨みがあった」と供述しているという。

 同署によると、渡辺さん方は久美さんと子供2人の4人暮らし。事件当時、渡辺さんは外出していたという。現場は東名高速道富士インターチェンジの西約2キロの住宅地。【大西量】

白川郷の合掌家屋、初の耐震調査へ(読売新聞)
「反省の日々でした」 メッセ黒田さん、拘置中の心境告白(産経新聞)
<日米安保>「核廃棄へ努力を」19日の声明概要(毎日新聞)
歌会始 「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
<新型インフル>「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認(毎日新聞)
posted by 武蔵家 at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

陸山会土地取引 「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に絡み、計1億円を同会側に提供したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部らが、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反で公判中=の要請で資金提供したと供述していることが分かった。うち04年10月の5000万円は大久保被告の代理として、当時の事務担当者、石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=に渡したと話しているという。

【関連記事】陸山会土地取引:石川議員事務所や鹿島など捜索 東京地検

 水谷建設は05年春の5000万円と合わせて計1億円を陸山会側に提供したとされるが、いずれも同会の政治資金収支報告書に記載されていない。

 元幹部らは東京地検特捜部の調べに「計1億円は大久保氏の要請で提供した。最初の5000万円は04年10月、東京都内のホテルで大久保氏の代理として現れた石川氏に、2度目の05年4月には同額を同じホテルで大久保氏に渡した」などと供述。資金を提供した理由については、国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県)の下請け工事を受注した成功報酬だったと説明しているという。

 胆沢ダムの工事で水谷建設は、大手ゼネコン「鹿島」が元請けで落札した工事と、「大成建設」が元請けで落札した別の工事の計2工事で、約80億円分の下請け工事を受注。特捜部は大久保被告の公判で、小沢氏の事務所が東北地方の公共工事で「天の声」を出し、受注に影響を与えていたと主張している。

 一方、最初に5000万円が渡されたとされる04年10月は、陸山会が秘書の寮として世田谷区の土地(代金約3億4000万円)を購入した時期。土地購入に際し石川氏は同月上旬、小沢氏の手持ち資金から現金4億円を受領し、同月29日まで数千万円ずつ分散したうえ最終的に陸山会の1口座に集約していたことが判明している。このため特捜部は、こうした資金移動の際に水谷建設からの5000万円が合わせて処理された可能性もあるとみている模様だ。

 大久保氏と石川氏は周辺や調べに水谷建設側からの資金受領を否定しているとされるが、特捜部は13日の再聴取で石川氏に再度確認するとともに、水谷建設側の供述の信ぴょう性を含めて捜査を進めているとみられる。

【関連ニュース】
陸山会土地取引:強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念
西松違法献金裁判:窓口役の部長が証言 来月26日結審へ
陸山会土地取引:小沢氏側関係先を捜索へ 石川議員再聴取
陸山会土地購入:石川氏2.8億円「寄付なかった」

工場の高圧釜が爆発か 横浜の爆発事故で県警が実況見分(産経新聞)
<訃報>枦勝重さん61歳=ベスト電器常務(毎日新聞)
iPS細胞の誕生過程撮影=メカニズム解明に前進−作成効率向上へ貢献期待・放医研(時事通信)
陸山会土地取引 家宅捜索 ものものしい雰囲気の議員会館(毎日新聞)
地域づくり総務大臣表彰(産経新聞)
posted by 武蔵家 at 18:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。