2010年05月24日

「判決見極め進退判断」=有罪なら辞職示唆か―民主・小林議員(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は20日午後、陣営幹部が起訴された北海道教職員組合の違法献金事件に関し、進退を問われていることについて「判決を見極めた上で判断したい」と述べた。党内では、有罪判決の場合には、議員辞職する意向を示唆したとの見方も出ている。
 小林氏は国会内で記者団の質問に答え、「司法の判断はまだ下されていないので、今は申し上げる時ではない」とする一方、「司法判断を尊重したい。(事件に関し)社会的、道義的責任を強く実感している」とも語った。 

大卒就職率91・8%、過去2番目の低さ(読売新聞)
煙出ない「新型たばこ」 売れ行き出だし好調(J-CASTニュース)
<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)
日本刀13点、登録美術品に=綱吉、秀吉など所有―文化庁(時事通信)
【裁判員考】制度施行1年(中)選任手続き〜公判 迅速化、専門用語が壁(産経新聞)
posted by 武蔵家 at 15:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。