2010年06月15日

亀井金融相が辞意=郵政見送りに反発、連立は維持―参院選、7月11日投票(時事通信)

 政府・民主党は10日、郵政改革法案の今国会成立を見送る方針を決めた。会期末にいったん審議未了、廃案となる。野党が求める予算委員会の開催に応じ、会期は1日だけ延長する方向。この場合、参院選日程には影響せず、当初の予定通り「24日公示、7月11日投開票」で実施される。一方、郵政法案の会期内成立を求めてきた国民新党は、連立合意に背くとして反発。亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は閣僚を辞任する意向を固めた。ただ、連立は維持する考えだ。
 民主党は10日夜の与野党国対委員長会談で、最終盤の国会日程について、(1)16日までの会期を1日延長し16、17両日に衆参予算委員会を行う(2)16日に党首討論を行い、会期は延長しない―の2案を提示。野党側は、予算委の日数を増やすよう求めたが、民主党は応じない方針で、最終的に「1日延長」案で折り合う見通し。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
参院選7月11日投票=民主、郵政法案先送り
ナンバー2席に亀井郵政相=菅内閣の閣僚席次

日米共同声明履行「簡単でない」=普天間移設で沖縄知事(時事通信)
武蔵大入試でミス、追加合格者におわび20万円(読売新聞)
クリーン菅に「政治とカネ」直撃弾 疑惑の否定も説明拒む(産経新聞)
新薬創出等加算は「画期的」―日薬連薬価研(医療介護CBニュース)
<詐欺容疑>偽申告で還付金詐取 2人逮捕 愛知(毎日新聞)
posted by 武蔵家 at 18:44| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。