2010年01月22日

<不正通行容疑>ETCすり抜け460回 男を逮捕(毎日新聞)

 高速道路で大型トラックのすぐ後ろにつけて料金所の自動料金収受システム(ETC)レーンをすり抜け料金の支払いを免れたとして、兵庫県警高速道路交通警察隊などは18日、道路整備特別措置法違反(不正通行)容疑で同県西宮市今津二葉町、運送業「赤帽男(まもる)運送」、吉井守容疑者(55)を逮捕した。手口は「カルガモ走法」と呼ばれ、約2年間で460回の不正通行を繰り返していたという。

 容疑は、09年5月28日、軽トラックで名神高速を走行中、車載器からETCカードを抜いて通行料が課金できないようにしたうえで西宮インターチェンジ出口付近で前を走るトラックに接近、車間距離を詰めてETCの開閉バーが閉まる前にトラックに続いてすり抜け、料金450円を支払わなかった、とされる。容疑を認めているという。

 西日本高速道路会社などによると、吉井容疑者の軽トラックが料金所のカメラに映っており、08年4月〜10年1月、名神高速や阪神高速で同様の手口を繰り返して約25万円の支払いを免れていたという。同社などは割増金を含む3倍の料金を吉井容疑者に請求する。【矢島弓枝】

【関連ニュース】
高速道:実験で新上限制、普通車2000円 ETC不要
高速道路無料化:社会実験 曜日限定せず…前原国交相
高速道実験:「ETC以外も無料」前原国交相
高速無料化:実験、曜日限らず上限2000円 一部区間無料化と同時に
高速道路:乗用車2000円、トラック5000円 実験で新上限制−−ETC不要

陸山会会計処理 石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書(毎日新聞)
近ツー元社員、7億円搾取 大阪地検 容疑で逮捕へ 取引先から積立金名目 (産経新聞)
「記憶にない」「元社長が決めた」 元西松部長が連発(産経新聞)
普天間、5月決着変わらず=官房長官(時事通信)
「判定軽度化」93%が是正=再申請者の要介護認定−厚労省(時事通信)
posted by 武蔵家 at 05:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。