2010年12月14日

寒くなりましたね

だいぶ寒くなりましたね。
今年はどんな年でしたか??

6月18日から個人向け貸付けにおいて、その人の年収等の3分の1を超える貸付けをすることが原則禁止されました。
例えば、年収300万円の方に貸金業者が貸付けることができる金額は、100万円が上限となります。
年収等の3分の1を超える借入れがある場合は、貸金業者は原則として新たな貸付けを行いませんので、借入額が年収等の3分の1以下になるまで貸金業者からの借入れは制限されることになります。
債務者にとっては厳しい世の中になりましたね。。

ちなみに貸金の規制は主婦 キャッシングにとっても関係あるようですよ。

総量規制は原則として個人ごとに年収等の3分の1を基準としますが、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けが、配偶者貸付けという制度で認められています。
この配偶者貸付けにおいては、配偶者の同意と配偶者(夫婦関係)であることを証明する書類が必要になりました。

専業主婦が夫に内緒で借りられなくなる!?

そこで、クレジットカードのショッピング枠現金化というのが新たに人気らしいですよ。

色々な業者があって、業者によってサービスも違うので
クレジットカード現金化 ランキングサイトで内容を見極めましょう。
posted by 武蔵家 at 12:47| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

亀井金融相が辞意=郵政見送りに反発、連立は維持―参院選、7月11日投票(時事通信)

 政府・民主党は10日、郵政改革法案の今国会成立を見送る方針を決めた。会期末にいったん審議未了、廃案となる。野党が求める予算委員会の開催に応じ、会期は1日だけ延長する方向。この場合、参院選日程には影響せず、当初の予定通り「24日公示、7月11日投開票」で実施される。一方、郵政法案の会期内成立を求めてきた国民新党は、連立合意に背くとして反発。亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は閣僚を辞任する意向を固めた。ただ、連立は維持する考えだ。
 民主党は10日夜の与野党国対委員長会談で、最終盤の国会日程について、(1)16日までの会期を1日延長し16、17両日に衆参予算委員会を行う(2)16日に党首討論を行い、会期は延長しない―の2案を提示。野党側は、予算委の日数を増やすよう求めたが、民主党は応じない方針で、最終的に「1日延長」案で折り合う見通し。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
参院選7月11日投票=民主、郵政法案先送り
ナンバー2席に亀井郵政相=菅内閣の閣僚席次

日米共同声明履行「簡単でない」=普天間移設で沖縄知事(時事通信)
武蔵大入試でミス、追加合格者におわび20万円(読売新聞)
クリーン菅に「政治とカネ」直撃弾 疑惑の否定も説明拒む(産経新聞)
新薬創出等加算は「画期的」―日薬連薬価研(医療介護CBニュース)
<詐欺容疑>偽申告で還付金詐取 2人逮捕 愛知(毎日新聞)
posted by 武蔵家 at 18:44| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

「判決見極め進退判断」=有罪なら辞職示唆か―民主・小林議員(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は20日午後、陣営幹部が起訴された北海道教職員組合の違法献金事件に関し、進退を問われていることについて「判決を見極めた上で判断したい」と述べた。党内では、有罪判決の場合には、議員辞職する意向を示唆したとの見方も出ている。
 小林氏は国会内で記者団の質問に答え、「司法の判断はまだ下されていないので、今は申し上げる時ではない」とする一方、「司法判断を尊重したい。(事件に関し)社会的、道義的責任を強く実感している」とも語った。 

大卒就職率91・8%、過去2番目の低さ(読売新聞)
煙出ない「新型たばこ」 売れ行き出だし好調(J-CASTニュース)
<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)
日本刀13点、登録美術品に=綱吉、秀吉など所有―文化庁(時事通信)
【裁判員考】制度施行1年(中)選任手続き〜公判 迅速化、専門用語が壁(産経新聞)
posted by 武蔵家 at 15:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。