2010年03月30日

明石歩道橋事故 検察官役の指定弁護士が遺族と面会(産経新聞)

 平成13年に11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸第2検察審査会が元明石署副署長について業務上過失致死傷罪で起訴議決したことを受け、神戸地裁が検察官役として選任した指定弁護士3人が25日、遺族と面会した。遺族は面会の際、事故当日の状況の再検証や遺族からの被害状況についての事情聴取など、補充捜査に関する要望をまとめた申入書を手渡した。

 遺族らは起訴議決前の昨年10月、検察審査会に意見陳述を要請。実現しなかったが、指定弁護士は「被害者の思いを捜査の原動力にする」として、遺族との直接面会することを決めていた。

 この日、指定弁護士3人と面会したのは、遺族7人と遺族側の弁護士3人。遺族らは指定弁護士に約1時間にわたって強制起訴への思いを語った後、申入書を手渡した。

 面会後、事故で次男を亡くした下村誠治さん(51)は「指定弁護士の熱意を感じた。焦らずにゆっくりと時間をかけて、有罪をもぎとれるだけの証拠を集めてから起訴してほしいと伝えた」と話した。

【関連記事】
明石歩道橋事故で検察官役の指定弁護士と遺族が面談
神戸地検が可視化の機材貸出へ 明石歩道橋事故で 
明石歩道橋事故 指定弁護士に執務室など提供
明石歩道橋事故で“検察官役”に3弁護士を選任
弁護士会に「検察官役」推薦を依頼 明石歩道橋事故で地裁
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<温泉施設爆発事故>大成建設社員を在宅起訴へ 東京地検(毎日新聞)
「捜査員の労苦に敬意」=銃撃事件時効で国松元長官(時事通信)
乳児揺さぶり殺害、孤立した育児「ひとごととは」(読売新聞)
築地市場移転費を削除 民主、予算修正案まとめる(産経新聞)
<全国農政連>自主投票に 参院選比例代表で方針転換(毎日新聞)
posted by 武蔵家 at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

九州西岸で海面が大きく上下=沖縄は強風、注意を−気象庁(時事通信)

 気象庁は25日午前、九州西岸を中心に24日午後10時ごろから「副振動」と呼ばれる周期的な海面の上下が続いており、港湾の船舶などに被害が生じる恐れがあると発表した。長崎市では周期35分で、海面の山から谷の高さが最大約1メートル、鹿児島県枕崎市では周期13分で、同約70センチという。
 日本列島の南海上に前線があり、この影響で気圧が短時間で急に上下していることが、副振動につながっている可能性があるという。沖縄地方では、前線の通過に伴い、強い風が吹き、海上は波が高くなっており、同庁は注意を呼び掛けた。 

密約文書「破棄」、調査へ=東郷氏証言受け、岡田外相表明(時事通信)
【関西あれこれアニバーサリー】龍安寺 建立560年 石庭の解けない謎が魅力(産経新聞)
橋下知事「東京には行きたくない」(産経新聞)
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断−和歌山地検(時事通信)
「血管力」を高める「ヘスペリジン」 食品や化粧品、進む商品開発(産経新聞)
posted by 武蔵家 at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

<おとり捜査>北海道に50万円支払い命令(毎日新聞)

 北海道警の違法なおとり捜査と偽証によって拳銃所持容疑で逮捕、服役させられ精神的損害を受けたとして、元船員のロシア人男性(40)らが国と道に計2310万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、札幌地裁であった。中山幾次郎裁判長は、おとり捜査の違法性を認めない一方で、「偽証がなければ無罪などになった可能性がないとは言えない」として、道に慰謝料など50万円の支払いを命じた。原告側は控訴する方針。

 判決によると、ロシア人男性は97年11月、パキスタン人男性から「拳銃と中古車を交換してやる」と持ちかけられ、小樽市の小樽港で拳銃を渡そうとしたところ、道警捜査員に逮捕された。刑事裁判で「違法なおとり捜査」と無罪を主張したが、捜査にかかわった稲葉圭昭・元道警警部(56)=覚せい剤取締法違反罪などで服役中=らが「パキスタン人男性はその場にいなかった」と偽証。懲役2年の実刑判決を受けて服役した。

 裁判の最大の争点はおとり捜査の違法性。原告側は違法な「犯意誘発型」と主張したが、中山裁判長は、ロシア人男性は(1)拳銃の取引に慣れていたと推認できる(2)マフィア関係者であるとの疑いを完全に払しょくできない(3)パキスタン人男性の働きかけ前から拳銃を日本に持ち込む意思を有していた疑いが残る−−などと指摘。「違法なおとり捜査と断定することはできない」と結論付けた。一方、稲葉元警部らの偽証が「量刑に少なからず影響を及ぼした」と判断。ロシア人男性の精神的損害を認めた。

 判決を受けて、原告側弁護団の岸田洋輔弁護士は「主張がほぼ認められた。一定程度、評価する」としながら、「これだけの事実認定をしながら、おとり捜査を違法と判断しなかったことが納得できない」。弁護団は近く控訴する方針。【水戸健一、和田浩幸】

【関連ニュース】
八百長疑惑裁判:賠償を3割以下に減額 東京高裁判決
救急搬送訴訟:骨折で県事務組合に過失 さいたま地裁
韓国人強制連行:2審も事実認定「不二越」賠償棄却
盲導犬事故死:育成費基に294万円賠償命令 名古屋地裁
大相撲:八百長疑惑報道訴訟 「著名人料」加算せず 慰謝料大幅減額−−東京高裁判決

世界最大のカブトムシなど108匹盗んだ男逮捕(スポーツ報知)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
<囲碁>飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)
京都−門真 第二京阪が全線開通(産経新聞)
<素敵カラダプロジェクト>声出してひざを伸ばす! レッスン第2回(毎日新聞)
posted by 武蔵家 at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。