2010年04月20日

超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞)

 神戸市の外郭団体「先端医療振興財団」は12日、課長級の男性職員(58)が2008年4月〜09年11月、女性職員(32)に超過勤務時間を過大に報告させて計190時間分の手当31万1000円を受給させていたと発表した。

 財団は男性職員を減給(平均賃金の1日分の半額)、女性職員を戒告の懲戒処分にした。女性は手当を返還する方針。

 発表によると、08年3月、文部科学省から同財団への委託事業に関連して財団が職員を募集し、書類選考や面接をへて、女性の採用を決めた。

 しかし、雇用契約を結ぶ段階になって女性が給与面で難色を示し、採用を担当していた男性職員が独断で月10時間程度の超過勤務手当の水増しを口頭で約束したという。

 昨年12月、文科省に匿名の投書があり、発覚した。

ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に−政府(時事通信)
裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)
「こんなひどい動作見たことない」 トヨタSUV「不買勧告」の起爆力(J-CASTニュース)
愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)
<野口聡一さん>誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼(毎日新聞)
posted by 武蔵家 at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

2010年04月13日

<子どもの自殺>発生時の対応まとめる 文科省(毎日新聞)

 文部科学省は9日、「子どもの自殺が起きたときの緊急対応の手引き」を初めてまとめた。危機管理マニュアルを備えた7割の都道府県教委でも、自殺の内容を含むのは約2割に過ぎず、適切な対処法が必要と判断した。09年7月から遺族団体のヒアリングなども踏まえ作成した。全国の小中高校に配布する。

 手引きは、自殺発生後数日以内の学校の対応を解説。初期の目標として(1)遺族の気持ちに寄り添うこと(2)子供たちの心のケア(3)日常活動の早期の平常化(4)自殺の後追い防止−−を掲げた。校長には学校に不都合なことでも事実と向き合う姿勢を求め、正確な情報発信を促している。

普天間移設 徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)
<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)
総書記死後も「混乱しない」 都内で講演会(産経新聞)
盗難バイクの情報提供へ…転売防止で大阪府警(読売新聞)
ヒト属祖先? 新種猿人 南アフリカ、190万年前の化石(産経新聞)
posted by 武蔵家 at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。